東京新聞杯2017の予想をしていくよ!

 

こんばんは王子です。

 

たまごじゃないよ
おうじだよ。

 

東京新聞杯も少頭数になっちゃったね。

 

このレースは毎年けっこう集まるんだけど
どうしちゃったの?

 

まあ、こんな年もあるか~

 

東京新聞杯2017出馬表

B枠馬 馬名 性齢 騎手 斤量
B1 1 ダイワリベラル 牡6 北村宏司 56
2 2 ブラックスピネル 牡4 *M.デム 56
3 3 マイネルアウラート 牡6 柴田大知 57
4 4 ストーミーシー 牡4 江田照男 56
5 5 プロディガルサン 牡4 田辺裕信 56
6 6 ブラックムーン 牡5 *内田博幸 56
7 7 エアスピネル 牡4 武豊 57
7 8 タガノブルグ 牡6 *吉田隼人 56
8 9 ロイカバード 牡4 *横山典弘 56
8 10 ヤングマンパワー 牡5 *戸崎圭太 57

 

 

エアスピネルが少し抜けた1番人気。

きさらぎ賞のサトノアーサーほどではないけど

人気を集めているね。
データってほどじゃないけど
東京新聞杯の1番人気の勝利は

2007年のスズカフェニックスまでさかのぼる必要がある。

 

少頭数って意外に荒れるからね(O_O)

 

東京新聞杯2017各馬の評価

ブラックスピネル

王子王子

京都金杯ではエアスピネルとハナ差
東京でエアスピネルがしのぎきれないなら
単純計算でこの馬の方が上に来るってこともあるよね。

 

プロディガルサン

王子王子

追い切りが良かったのはこの馬だったね(^_^)
やっぱりディープインパクト産駒の
マイル路線参戦っていうのは要警戒。

 

今週の東京新聞杯の無料情報
あなたも
⇒勝ち組への扉『ヘブンズドア』を開いてみませんか?

 

エアスピネル

王子王子

一番強いんだろうけど
京都金杯ハナ差だからね。
抜けた存在ではないよね。
金杯のように行きたがるかもしれないし
目標にもされるだろうから
レース運びは結構難しいと思うよ。
さらっと勝ったら、武さん流石って感じ

 

ロイカバード

追い切りでは非力さが目立った。
これまで走ってきているんだから
そういう馬ってことで気にしなくても良いんだろうけど
重賞となるとね。
壁がありそうな気もする。
でも少頭数は間違いなく合っている。

 

ヤングマンパワー

王子王子

こういう地味な血統の
たたき上げタイプが
一度大敗して一息入れると
調子を取り戻すのに時間がかかる印象があるんだよね。
追い切りは悪くなかったよ。

 

東京新聞杯2017予想最終結論

王子王子

◎プロディガルサン

追い切りは良く見えたし
ディーマジェステュに迫ったくらいの能力があれば
マイル路線では威張れるんじゃないかな(^_^)V

 

はじめまして
中田と申します。

 

王子の競馬予想ブログ様のスペースをお借りして
勝ち組への扉『ヘブンズドア』のご紹介をさせていただきます。

 

まずは、何はともあれ
ヘブンズドアへ寄せられた会員様のお声をご覧下さい。

 

人生、長く生きていれば良い日は訪れるもんですね。
今まで一回も競馬で大きな配当を得た事はなかったんですが、100万越えの配当を得る事が出来ましたよ。
本当に感無量です。これで悔いなくあの世にいけますよ♪
東京都 曙様 70歳 男性
投稿日時:2017-01-08

 

年末年始でお金使ってたので、助かりました!
孫のお年玉や、クリスマスプレゼントやらでお金が飛んでいってしまってたので、本当に助かりました。また参加しますので、宜しくお願いします。
石川県 えりか様 46歳 男性
投稿日時:2017-01-08

 

凄い情報をありがとうございます!!
人気馬を切ったり、穴馬を対抗にしてたりと、参加して買い目を見た時、本当は買わない様にしようか迷いました。でも信じて良かったです。次回も大きな配当を期待しています♪
福岡県 大樹様 30歳 男性
投稿日時:2017-01-08

 

実は競馬でご飯食べてます。
ただ重賞の情報しか回ってこなくて、平場の成績はイマイチだったんですが、思い切ってヘブンズさんの情報を買う事にしました。完全に収支はプラス。木曜、土日と参加しちゃいましたよ。重賞以外の平場提供の時に参加します!!
東京都 じじ様 43歳 男性
投稿日時:2017-01-08

 

ポイント情報でプラスになりました。
まずは様子見でポイント情報に参加しましたが、プラスになりました。ありがとうございます。明日はこの勝ったお金でルーキーコースに参加したいと思います。
東京都 かおる様 42歳 女性
投稿日時:2017-01-07

 

これが勝ち組への扉『ヘブンズドア』をお開きになり
勝利を手にした会員様のお言葉です。

 

これ以上の説明は必要でしょうか?
いえ、ダラダラと語っていては野暮になります。

 

会員様のお声が全てです。

 

今週の東京新聞杯の無料情報
あなたも
勝ち組への扉『ヘブンズドア』を開いてみませんか?